日本全国産直施設ガイド
お取り寄せサイト

施設名から探す

都道府県から探す

検索
日本全国産直施設ガイド
最終更新日:2015/07/03

もりもとや

現在、カスタマーレビューはありません



かつらぎ町の名産「甘干し四郷柿」

かつらぎ町の名産「甘干し四郷柿」
絶品の完熟柿の味を全国の消費者に届けたい。と、「氷温」という製造法で、柿の旨みを閉じ込めた、「天干し四郷柿」をつくっています。

生まれ育った四郷の柿をもっと多くの人に食べてもらい、地域の農業を活性化させたい と考えました。そのために、硫黄薫蒸や酸化防止剤を使わず、且つ通常のあんぽ柿のシーズン(春先)終了から果物類が少なくなる初夏にかけて、市場に提供で きるあんぽ柿「甘干し四郷柿 氷温熟成」を開発しました。


「甘干し四郷柿・氷温熟成」の名前の由来

「甘干し四郷柿・氷温熟成」の名前の由来
アンポ柿の名は、天干し柿(あまほしかき)から来ています。「天干し」は中々「あまほし」とは読みにくいし、天日で干している柿のように思われるので、ちょっと捻って「甘い干し柿」の意味をこめてこの名を付けました。


つくりかた

つくりかた
通常のアンポ柿は渋柿の皮を剥いた後、自然乾燥させて、20日くらい柿を乾かし出来上がりと言うものです。その乾燥途中で、渋く感じる元になっている可溶性のタンニンが不溶性のタンニンに変化し、甘さだけが残ると言うものです。

この自然乾燥は美味しいのですが、問題点は天候に左右されると言うことです。夜露などの湿気で柿の色が黒ずんできますし、乾燥時期もばらばらになってきますので、乾きすぎたり乾かなかったりします。

この問題点を解決したのが、自然乾燥させずに機械で乾燥と渋抜きを一気にする方法です。



初めての方に 送料について プライバシーポリシー
施設ご紹介データ
もりもとや
■住所
〒649-7112 和歌山県伊都郡かつらぎ町中飯降1145
■電話
0736-22-5179
■Fax
0736-22-5635
■メール
support@digiis-sanchoku.com
■URL
http://www.katuragi.or.jp/morimotoya/index.html
友達に地図を送る もりもとやの地図

この産直施設にはまだ投稿がありません。